NOTICE

2020年5月5日 第三者割当増資についてのお知らせ

タグシクス・バイオ株式会社(東京都目黒区駒場、代表取締役社長 古関千寿子)は、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東京都文京区本郷、代表取締役社長 大泉克彦)、などを引受先とする総額約2億円の第三者割当増資を実施しましたので、お知らせいたします。

当社は独自の人工塩基対システムを用いたDNAアプタマー(高機能核酸分子)「Xenoligo®」の医療応用を推進しております。アプタマーは、「合成できる抗体」ともいわれ、特定の分子と立体的に結合する核酸(DNAやRNA)やペプチドであり、抗体医薬と同じように標的とするタンパク質に特異的に作用することで医薬品等として活用することが可能です。当社の「Xenoligo®」は、①人工塩基によるタンパク質への高い結合力(ランダムに生成可能な1014以上の巨大なライブラリーから高い結合力のものを選択可能)、②独自技術による安定化(医薬品として十分な体内安定性の実現)、③低い製造コスト(抗体医薬と違い化学合成で製造可能)、④高い汎用性(抗体医薬が狙いにくい標的に対しても適応可能)といった特徴があります。

当社は「Xenoligo®」のプラットフォーム技術をベースに、2016年より創薬事業に経営資源を集中させ、複数回の資金調達を経て、製薬企業等と新規化合物の創出・用途探索の研究開発提携、自社創薬プロジェクトの共同開発提携を進めてまいりました。今回の資金調達により、さらなる研究開発のスピードアップを実現し、より早く当社技術が医療に貢献することを目指してまいります。

2020年2月19日 韓国のGCファーマ社との間でTAGX-0004プロジェクトの共同研究開発契約を締結しました。

February 19 2020: TAGCyx and GC Pharma (formerly known as Green Cross Corporation) has entered into collaborative research and development for conducting various pre-clinical studies of TAGX-0004.

TAGCyx has signed Joint Research and Development Agreement with GC Pharma (KRX: 006280) in relation to pursuing various pre-clinical studies of TAGX-0004, an anti-human vWF DNA aptamer containing proprietary artificial nucleotide.
TAGCyx has invented artificial nucleic acid base pair technology that enables to produce high affinity and selective DNA aptamers “Xenoligo®”, that is regarded to be an alternative to antibody therapeutics.

GC Pharma is a biopharmaceutical company that delivers life-saving and life-sustaining protein therapeutics and vaccines. Headquartered in South Korea, GC Pharma is the largest plasma protein product manufacturer in Asia and has been dedicated to quality healthcare solutions more than half a century.

TAGX-0004 is an innovative DNA aptamer therapeutics developed by TAGCyx aiming to treat thrombotic disorders such as brain and cardiac infarction, and currently under development for rare disease called acquired thrombotic thrombocytopenic purpura (aTTP). TAGCyx has accumulated many pharmacological data to date in collaboration with a Japanese leading scientist in the field, Professor Masanori Matsumoto, Nara Medical University.

Dr. Chizuko Koseki, Chief Executive Officer of TAGCyx added “Together with GC Pharma, we believe our aptamer will be a key therapeutic option for the patient of aTTP, and eventually for other thrombotic diseases. GC Pharma’s deep insight will realize TAGCyx’ mission to provide an effective treatment to various challenging diseases”.

Under the agreement, GC Pharma will fund the development cost for pre-agreed pre-clinical studies, and TAGCyx will conduct the studies with CROs. Under the confidentiality of the agreement, further detail of the research is not disclosed.

2019年12月25日 株式会社ヘリオスとの共同研究におけるマイルストンペイメント受領のお知らせ

当社は、株式会社ヘリオス(代表執行役社長CEO 鍵本 忠尚、本社:東京都港区、東証マザーズ、以下「ヘリオス」といいます。)と、当社独自のXenoligo®技術を用いたアプタマーの再生医薬品分野における利用について共同研究を実施しておりますが、この度、予め設定したマイルストンを達成し、マイルストンペイメントを受領いたしましたので、お知らせいたします。
ヘリオスとの守秘義務により契約内容の詳細は非開示とさせていただきます。