NOTICE

2019年10月10日 株式会社糖鎖工学研究所との糖鎖修飾アプタマーの共同研究契約締結のお知らせ

当社は、株式会社糖鎖工学研究所(代表取締役社長 朝井 洋明、本社:京都市、以下「糖鎖工学研究所」といいます。)と、糖鎖修飾によるアプタマーの機能性向上に関する共同研究契約を締結することを合意いたしましたので、お知らせいたします。

当社は独自の人工核酸塩基を用いた基盤技術により高親和性・高特異性DNAアプタマー「Xenoligo®」を創出しており、また糖鎖工学研究所は多種類の高純度ヒト型糖鎖を調製する糖鎖調製技術、及び、合成ペプチドに糖鎖を修飾し機能増強する糖鎖修飾技術を確立しています。当社Xenoligoと糖鎖工学研究所の糖鎖関連技術を融合させることで、アプタマーの機能向上や付加価値を高めた新しい医薬品候補を生み出します。

 

両社間での守秘義務により契約内容の詳細は非開示とさせていただきますが、本共同研究の期間中新たな技術・製品が生み出された際は、当社は当該技術から生じる将来の利益を糖鎖工学研究所と分配することとなります。

2019年10月9日 株式会社カイオム・バイオサイエンスとのアプタマー-抗体複合体の共同研究契約締結のお知らせ

当社は、株式会社カイオム・バイオサイエンス(代表取締役社長 小林 茂、本社:東京都渋谷区、東証マザーズ、以下「カイオム」といいます。)と、革新的なアプタマー創薬に関する共同研究契約を締結することを合意いたしましたので、お知らせいたします。

当社は独自の人工核酸塩基を用いた基盤技術により高親和性・高特異性DNAアプタマー「Xenoligo®」を創出しており、またカイオムはユニークな抗体医薬品候補の開発を進めております。当社Xenoligoとカイオムのモノクローナル抗体を結合させることで二重特異性分子の作成が可能となり、アプタマーの機能の向上や付加価値を高めた新しい抗体を生み出します。

 

両社間での守秘義務により契約内容の詳細は非開示とさせていただきますが、本共同研究の期間中新たな技術・製品が生み出された際は、当社は当該技術から生じる将来の利益をカイオムと分配することとなります。