NOTICE

2019年12月5日 奈良県立医科大学 輸血部 松本雅則教授の研究室と弊社との共同研究の成果がHaematologica誌に受理されin pressとなりましたのでお知らせします。(筆頭著者;奈良県立医科大学 酒井和哉先生、弊社共著者;染谷龍彦研究員、原田香織研究員)

論文タイトル:Novel aptamer to von Willebrand factor A1 domain (TAGX-0004) shows total inhibition of thrombus formation

superior to ARC1779 and comparable to caplacizumab

著者: Kazuya Sakai, Tatsuhiko Someya, Kaori Harada, Hideo Yagi, Taei Matsui, and Masanori Matsumoto