COMPANY

 会社情報

事業内容 独自の核酸基盤技術を用いた高機能核酸医薬品開発の創薬提携および自社創薬事業
住所
本社
〒153-0041
東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学 駒場オープンラボラトリー403
役員一覧
古関千寿子
代表取締役
山川善之
取締役
片田江舞子
取締役
河野貴浩
監査役
企業理念 従来の遺伝子操作技術に代わる革新的な新規塩基対技術を用いた創薬プラットフォーム技術を用いて、効果の高い安価で安全で副作用のない医薬品を多くの人に届けることで社会に貢献します。
沿革 タグシクス・バイオの基盤となる核酸の基盤技術は、これまで科学技術振興機構ERATOプロジェクト、東京大学、理化学研究所を研究拠点として、平尾一郎氏(現在Institute of Bioengineering and Nanotechnology, Singapore)の研究チームによって、開発されました。そして、「人工塩基対システム」の普及と幅広い分野での実用化を目指して、2007年3月にタグシクス・バイオは理研ベンチャーとして設立されました。現在は、人工塩基を含むDNAライブラリーから高機能核酸分子「XenoligoTM」を創り出すことが可能なプラットフォーム技術と、独自の核酸の安定化の技術により、創薬事業を中心に事業を推進しています。
関係機関 東京大学、国立研究開発法人理化学研究所